習い事

f:id:KeinaHatsuse:20211120013358j:plain

私は6歳から20年間

書道を習っていました。

 

先生は祖母と同世代で

厳しくも優しい方でした。

 

「先生も練習するの?」

って聞いた時に

 

「するよ!練習しないと皆に追い越されるやん」

と言っていました。

 

追い越せるわけない!って思いましたが

先生が努力しているから

私たちと圧倒的な差をつけたままで

いられたのだと思います。

 

f:id:KeinaHatsuse:20211120013409j:plain

最初は鉛筆で書く硬筆と

筆で書く毛筆の両方を習っていました。

 

私は硬筆がいまいちで…

年に一度の展覧会で

あまり良い賞を取れませんでした。

 

それでも私は両方続けるつもりでしたが

先生は得意な毛筆に集中したほうが良いと

アドバイスしてくれました。

 

そのおかげで毛筆は

展覧会で一番良い賞をもらって

子供時代を終えることができました。

 

自分の商売よりも

私のことを考えてくれる先生でした。

 

f:id:KeinaHatsuse:20211120013418j:plain

初めて筆を持った時は

「一」すらまともに書けませんでした。

 

墨の量も分からないし

まっすぐ線を引くこともできません。

 

お兄さん、お姉さんは

普通に文字が書けていて…

恥ずかしかった。

 

できたら先生に見せに行くのですが…

とても見せられないなぁと思って

ずっと一人で練習していました。

 

何十人も生徒がいて

先生に見てもらうために

何人もが列をなしていました。

 

そこに並べなかった私。

 

他の習い事なら

放っておかれますが

先生は自分から

私の所に来て添削してくれました。

 

こんなにたくさんの生徒がいて

あんなに忙しいのに

私のことを覚えていて

気遣ってくれたことが嬉しくて…

この先生なら大丈夫って思えました。

 

それからは

自分からお姉さんたちに交じり

列に並ぶことが出来るようになりました。

 

先生としても書道家としても

素晴らしい才能を持った方でした。

 

f:id:KeinaHatsuse:20211120013426j:plain

書道で食べていくために

アートのような

前衛的な書を学んだほうがよい。

 

あなたが今まで学んだ書は

基本に忠実なものだから

どこに行っても大丈夫ですよ。

 

最後にそんなアドバイスをくれました。

 

どんな作風だろうが

書道家として先生には敵わない。

先生みたいな先生にもなれない。

他の先生に付くなんて考えられない。

そう思ったので

書道の世界から卒業しました。

 

芸術の世界に

何の未練もないと思っていましたが

占いのお客様には

絵を描くのが好きな方が多くて

お話ししていると

また芸術系の習い事がしたくなってきました。

 

芸の世界は厳しい。

お金を払って

何でこんなに怒られなあかんのって思う。

でもその厳しさの先にある達成感は

何ものにも代え難いです。

そんな経験をさせてくれた

先生と親に感謝しています。

 

初瀬敬奈